【世界遺産】ブラジル セラード保護地域群

JUGEMテーマ:旅行

  セラードとは、ブラジルの中央高原に位置する草原地帯です。
国土の約20パーセントという広大な面積を占め、森林、大草原、乾燥した雑木林などが混在し、世界で最も古い多様な熱帯生態系を見ることができます。

2つの国立公園を中心に、オオアリクイ、アルマジロ、タテガミオオカミなどのほ乳類や、セラード固有の鳥類が生息しています。  ブラジルの中央高原に位置する草原地帯。


★ セラード保護地域群:ヴェアデイロス平原国立公園とエマス国立公園 

エマス国立公園(ポルトガル語で、Parque Nacional das Emas)は、ブラジルにおける国立公園の1つであり、2001年に、UNESCOの世界遺産に登録された。
登録名は、「セラード保護地域:ヴェアデイロス平原国立公園とエマス国立公園」である。


ブラジル中西部の州である、ゴイアス州及びマットグロッソ・ド・スル州にまたがり、範囲は、南緯17度50分から18度15分、西経52度39分から53度10分に広がる。

エマス国立公園では、典型的なセラードの生態系を見ることが可能です。  40℃を超える暑さと厳しい乾燥の為、生育できる植物は限られ、ほとんどがイネ科の草。  灌木が多いサバンナが広がり、そこはシロアリの巣となっていることが多い。また、セラードオオアリクイ、タテガミオオカミ、アメリカ・レア、アルマジロをはじめとする多くの野生動物を観察することができます。

国立公園の名前となっている「エマス」とは、ポルトガル語でレア(アメリカ・レア)を意味。

登録区分 自然遺産
登録基準 自然遺産(9),(10
登録年 2001年 




 世界遺産・・・詳しくはこちら>>【エイビーロード】 
 世界遺産紀行・・・詳しくはこちら>>【JTB海外ツアー】
 日本世界遺産・・・・詳しくはこちら>>【近畿ツーリスト】 
  • 2011.12.13 Tuesday
  • 世界遺産
  • 21:29
  • comments(0)
  • trackbacks(0)
  • -
  • by 福丸
  • ★★★




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
★福丸のつぶやきはこちらです。・・・・fukutownをフォローしましょう

selected entries

categories

recent trackback

links

★旅・・・・・楽天

★ブログランキングリスト

RSS表示パーツ

貼るるだけで使える無料ブログパーツ!FeedWind

profile

search this site.

recommend

recommend

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM