Page: 1/1   
【世界遺産】アンコールワットへの旅
いって見たい【世界遺産】

  ア ジ ア

栄華を誇った密林の都市 (アジア)
【アンコール遺跡群】 ■SPOT/カンボジア シェムリアップ周辺
 9〜15世紀に繁栄した、クメール美術の集大成といわれる世界遺産。東京23区ほどの広大な敷地に、ヒンドゥー教や大乗仏教の寺院が数多く点在し、その一つ一つにかつて栄えたクメール王朝のドラマが刻み込まれています。カンボジアの国旗にもなっているアンコールワットや巨大人面像が象徴的なバイヨン、木々と融合したタ・ブロームなど、様々な歴史的建造物が太古のロマンを感じさせてくれます。

----------------------------------------------------
シェムリアップ行きの人気海外ツアーランキング  2008年8月
-----------------------------------------------------
シェムリアップ自遊自在+ホーチミン5日間
プリンス・ダンコールホテル&スパ(部屋指定なし)+ダクストンホテル・サイゴン(部屋指定なし)
ベトナム航空     ¥115,800〜¥148,800



マイセレクト <1000円で楽しめる限定オプションあり>シェムリアップ自遊自在 4日間
プリンス・ダンコールホテル&スパ(部屋指定なし)  タイ国際航空  ¥89,000〜¥120,000


早特50
マイセレクト 深夜出発シェムリアップ自遊自在+バンコク6日間

プリンス・ダンコールホテル&スパ(部屋指定なし)+インペリアル・クイーンズパーク(22階以上のお部屋)タイ国際航空 ¥108,000〜¥108,000


  
 旅情報 詳しくはこちら>> FUKUTOWN旅




アンコール遺跡を楽しむ  ・波田野 直樹【著】アンコール・ワット、アンコール・トムの歩き方から、マイナー遺跡探訪まで、自分流に楽しむための詳細ガイドブック。





NHK探検ロマン世界遺産 アンコール遺跡群   講談社DVD BOOK ・寺井 友秀・「探検ロマン世界遺産」取材班【監修】 古代カンボジア人は、巨大な寺院群をどうやって造ったのだろうか?繁栄を誇ったアンコール王国はどうして滅亡したのだろうか?今回はその疑問の背景に迫ってみるとしよう。



    ●紀伊國屋書店
| 福丸 | 22:03 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Profile

Recommend

Recommend

★旅・・・・・楽天

★ブログランキングリスト

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

RSS表示パーツ

貼るるだけで使える無料ブログパーツ!FeedWind

Search

Entry

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode